oldnews blog

ダンスと情報学を共存させた奇跡のブログ

電子商取引の種類

今回は電子商取引について説明していきたいと思います。

まずはじめに電子商取引とは何なのか。

インターネットを利用した新しいビジネスは、当初、eコマースと呼ばれこれを和訳したものが電子商取引です。電子商取引はインターネットを介して行われるのが一般的です。そのためネット取引とも呼ばれます。

様々な形態があるので種類別に見ていきましょう。

 

 

 

B to B

Business to Business 、B2B、企業間取引

企業同士が行う、製品販売や資源調達などに関する取引商データ、受発注情報のネット上でのやりとりを伴うネット取引のことです。

 

B to C

Business to Consumer、B2C、企業ー消費者間取引

企業のウェブページなどに消費者が訪れ、掲載されている商品を見て買い物をしたり、料金を支払ってサービスや情報を受け取ったりするネット取引のことです。

B to Cの代表はネットショッピングです。具体的には、AmazonYahoo!ショッピング楽天市場などが有名です。

B to Cには「実店舗が不要」「無数の顧客が存在する」「自宅にいながらいつでも注文できる」などの利点があり、今後も拡大していくと予想されます。

 

C to C

Consumer to Consumer、C2C、消費者間取引

消費者同士が物品などの売買を直接行うネット取引のことです。代表例としてネットオークションがあります。

利便性は高いですが不特定多数の相手との取引であることから、色々なトラブルの事例も増えています。

 

B to E

Business to Employee、B2E、企業ー従業員間取引

企業が従業員に対して、物品の販売や教育などのサービスを有償で提供するようなネット取引のことです。企業のイントラネットなどを利用して、社会の福利厚生の一環として一般価格よりも割安で提供されることが多く、これからも利用は拡大するでしょう。

 

G to C/G to B

Government to Citizen/Government to Business:行政機関・自治体ー市民間取引、行政機関・自治体ー企業間取引

GtoCは、行政機関や自治体が国民・県市町村民に対して、各種届け出や証明書発行などの業務をインターネットを介しておこなうものです。

GtoBは、行政機関や自治体が業者との間で行うネット取引のことです。